世界に魅せられて

一般人の目線で世界を読み解く

【中国】現代のシルクロードが世界を繋ぐ【経済構想】

f:id:zugeki:20170108135345j:plain

 ユーラシアの交易の歴史を語る上で欠かせない「シルクロード」、大陸の繁栄に貢献したその道が、今度は世界の交易を纏めようとしている。

 

 2013年に中国が掲げた経済構想「一帯一路」をご存じだろうか。これは、中国西部から中央アジアを経由してヨーロッパにつながる「シルクロード経済ベルト」と、中国沿岸部から東南アジア、スリランカアラビア半島の沿岸部、アフリカ東岸を結ぶ「21世紀海上シルクロード」の二つの地域で、インフラ整備、貿易、資金の往来を促進するものである。

 シルクロードと聞くと、日本には関係無いように思えるが、実はそうでもない。北極海航路と呼ばれる、シベリア沖の北極海を通って大西洋側と太平洋側を結ぶ航路があるのだが、この航路も一帯一路構想には含まれているのだ。

 あまり文字で書いてもイメージができないと思うが、要するに「ヨーロッパ、ロシア、日本、中国、東南アジア、インド、中東、アフリカ東部」ひとつながりの経済圏を、中国主導で整備しようとしている。

 

一帯一路を取り巻く環境や課題などは山ほどあるが語りつくせないため、ここでは中国の目的を考えてみる。

 

1.自国の繁栄

 まず中国は自国の繁栄を目論んでいる。あまりに当たり前の事だが、中国からすると国内政策のみでは成せない事を「一帯一路」によって成そうとしている。

 例えば中国は広大すぎる国土ゆえに大都市と地方の格差が歴然だ。日本でも離島では物価が高いように、地方への輸送代はバカにならない。地方を豊かにするにはインフラ整備や人口流入、盛んな商業活動が必須といえる。だが孤立した村や町が多く、それらは自力で這い上がることなどできないために、どうしても経済から取り残されてしまう。

 しかしどうだろう、「一帯一路」によってインフラが整備された場合、通り道となる地方にも雇用が増え、流通が盛んになり、人々が流れるようになる。中国政府が直接手を下さずとも勝手に反映するのだ。かつて四大文明が大河に沿って栄えたように。

 

2.経済の中心に

 これは言うまでもないが、中国主導で周辺諸国から構想に取り込んでくゆえに、当経済圏の中心は自然と中国になる。ある程度大きくなってしまえば、自国の利益のために中東や東南アジア諸国は自ら参加することだろう。あとは中国の思いのままだ。

 

3.人民元基軸通貨

 経済圏の中心、流通の要となってしまえば、人民元での取引は増え、ユーラシアでの準基軸通貨となるだろう。

 

 単なる思いつきに過ぎないが、そこまで現実離れしておらず、ロマンのある話ではないだろうか。すでにユーラシア経済連合を取り込み、ロシアと協力関係にある中国を止めることは、どの国にもできないだろう。

 

2017/01/08